背中ニキビの原因究明2

男の背中ニキビができる原因を徹底究明2【対処法】

このエントリーをはてなブックマークに追加  

シャンプーやボディーソープをきちんと洗い流すために確認しておきたいポイント

 

ニキビ,ビキニ

 

さて、前回はシャンプーやボディーソープが背中ニキビの原因になっているところまで述べたな。では、ここでは具体的な対処法について見ていこうと思おう。

 

シャンプーやボディーソープには界面活性剤が多く含まれており、それらが肌への刺激となりニキビを作る原因となっている。では、どのような対処法が考えられるだろうか。個人的には以下の2通りが考えられると思う。もちろん、これだけではないと思うのでキミに合った方法を見つけるのがいいだろう。

 

対処法1 綺麗に洗い流す

 

これが一番ベストな方法であり、なかなか難しいことでもある。
風呂なんぞに時間は掛けたくないという人も多いと思う。

 

しかし、背中ニキビをケアするにはきちんとボディーソープ、シャンプーを洗い流すことが必要だ。そのためには体や髪を洗った後にヌルヌルが残っていないかチェックした方がいいだろう。

 

もしボディーソープなどのぬめりが残っていたらしっかりと洗い流すことを心がけよう。そうすることで、きれいな背中を手に入れることに一歩近づくのである。

 

洗い流すときのポイントは自分の手の届く範囲でいいので、肌をなでてやることだ。こうすることで肌に残っていたボディーソープ・シャンプーは綺麗に落ちることだろう。

 

こういったことに慣れていない間はあまりのめんどくささに辟易としてしまうことだろうが、ここが辛抱の見せ所(?)だ。時間がかかってもいいので、洗い落とすよう心がけよう。

 

対処法2 界面活性剤が含まれているシャンプーやボディーソープを使わない

 

肌を刺激するボディーソープやシャンプーをつかわなければ早いではないか!と思ったかもしれない。それも一理ある。巷には無添加100%なるシャンプーは意外とあるものだ。しかし、意外と値が張ったりするのが厳しいところだね。だからシャンプーは可能であれば、といったところである。しっかりと洗い落とせば問題はない。女性のように髪が長い人は湯上り後に紙が背中に触れないよう注意する必要があるが。

 

それで、ボディーソープだが、こちらは固形石鹸に変えるのがベストだろう。

 

なぜ固形石鹸がいいのかというと、固形だからつけすぎる心配が少ないのだ。ボディーソープの場合液体であるためプッシュすればいくらでも肌に付けられるため、つけた分だけ肌に残りやすい。その点、固形石鹸はつけすぎる心配がない。

 

そして、背中を洗うタオルも一工夫して、ナイロンタオルから綿タオルに変えることでより肌にやさしい組み合わせとなる。固形石鹸と綿タオルをセットにして使うことで、肌を低刺激で洗うことが可能になるのである。ぜひ試してみて欲しい。

このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジュエルレイン
多くの人の背中ニキビが綺麗になった
面倒くさがりの人は1日2回塗るだけ!
60日間の返金保証付き

【定期コースなら送料無料!】 毎月5,695円+税で背中ニキビ解消!



詳細なレビューはこのページで見てくれ!